カガク De 暮らす

元研究者のゆるーいブログです。職業病により、家庭でもカガクしています。

冬の手荒れ対策あれこれ。

 

こんばんは、コガです。

 

冬真っ盛り。
手荒れに悩む人、多いんじゃないかと思います。
私の母も、毎日の家事でぱっくりあかぎれ
絆創膏だらけで痛々しいです。

 

そんな悩みを持つ皆さんに、オススメの手荒れ防止法をご紹介します。

 

そもそも何故冬の手荒れは厄介なのか。

 

①冬になると、手を保護する皮脂などの分泌量が減るそうです。
②気温が下がれば空気に含まれる水分も減り、肌が乾燥しやすくなります。
③そこにとどめの一撃、食器洗いなどでお湯を使うことが増え、洗剤による強力な油除去と相まって、手の皮脂がさらに洗い落とされてしまいます。
④熱めのお風呂やシャワーも乾燥肌には良くないようです。

 

手荒れに一番強く貢献しているのは③だと思います。手荒れするからお湯は使わないわ!という人も多いですが、この時期の水では油汚れがとにかく落ちません。例えば豚の脂は融点が28〜48℃。この時期のキンキンに冷えた水では一瞬で凝固してしまって、なかなか落ちず、洗剤をたくさんつけて何回か洗うことになります。よくよく考えたら、どんな方法であれ動物性の脂肪を落とす条件で洗うってことは、自分の脂も落とすってことですよね。
お湯を使わないとしても、手荒れはなかなか防ぎきれません。


ではどうしたらいいか?


ステップ1  まずは手を保護具で保護しましょう。

 

食器洗いや掃除の時は、手袋をします。
オススメは、「ニトリル手袋」。
お医者さんが手術のときに使うぴちぴちの手袋みたいなやつです。

例えば炊事のとき。ゴム手袋やビニール手袋は、洗い物のときだけしか使えませんが、ニトリル手袋はつけたまま包丁をつかったり炒めものしたり、とにかくずっとつけたまま作業できます。スマホの操作もできちゃいます。
炊事の途中でちょっと洗い物したいときにも、ちゃんと手を保護してくれます。

使い捨てでもいいですが、特に汚いものを触ってなければ数回は使えます。
そこまでコスパは悪くないと思います。

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト Mサイズ

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト SSサイズ

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト Sサイズ

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト Lサイズ


私は手が小さいのでSSサイズでも少しゆとりがあるくらいです。

以前の研究所で、やや大きめサイズの手の女性はSサイズを使っていました。男性はM以上でしょうか。

 


ステップ2  手洗いしたらすぐハンドクリーム

 

手を洗ったあとやお風呂のあとには、その都度ハンドクリームを塗ると効果的です。

ポイントは、手洗いしてタオルで拭いたらすぐに塗るということ。時間が経ってからでは、皮膚の水分が乾燥してしまって、クリームがすーっと馴染まなくなってしまいます。
手洗いしてすぐ塗れるようにハンドクリームを洗面所に置いておいたり、チューブ型やポンプ型で出しやすいものにしたり、ベタベタしない柔らかいタイプにすると、ハンドクリームを塗ることのストレスを軽減することができます。

 

【指定医薬部外品】ユースキンA ポンプ260g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

【指定医薬部外品】ユースキンA ポンプ260g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

 

  

※ハンドクリームの種類(有効成分)は色々あります。ネットで調べてみたところ、尿素入りとかビタミン入りとかの特徴が比較・解説されているサイト等ありましたが、根拠の出所が不明で、ハンドクリームのメーカーのサイトともずれた点がありましたので、ここでは成分については触れないこととします。ちゃんと学術論文とか調べればわかることがあるかもしれませんが・・・。

 

 

ステップ3  外出時には手袋を

 

ハンドクリームを塗ってから手袋(ニトリル手袋ではなくて、普通のあったかい手袋)で保湿することが効果的だそうで、就寝時に手袋をすると良いそうですが、就寝時手袋はちょっと・・・という方もいると思います(私がそうですので)。
せめて、外出時は手袋をしましょう。

 

 

ステップ4  あかぎれたらオロナイン

 

何はともあれ皮膚のトラブルにはオロナインをつけておきましょう。

私はオロナイン信者なので、オロナインでだいたいのことは良くなります。信じる者は救われるってやつです。

…もとい、

軟膏(ワセリンとかの油脂性のもの)、が皮膚の保湿・保護に良いんでしょうね。少し殺菌成分が入っているのも心強いです。

 

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

 

 

 

 

大量の実験器具洗いや、劇毒物に放射性同位体、動物や菌を扱って、手洗いを頻繁にしてきた経験からオススメする手荒れ対策です。

 

手荒れに悩む皆さんのストレスが、少しでも軽減できれば幸いです。