カガク De 暮らす

元研究者のゆるーいブログです。職業病により、家庭でもカガクしています。

ジェル栽培再開!

こんにちは、コガです。


春ですよ!種まきの季節ですよ!


冬の間休んでいたジェル栽培を再開しますよ!



まず、これまでのジェル栽培の過程を整理してみましょう。

***********

トップバリューの粉寒天を使用して、エコゲリラ水耕栽培用培地をゼリー状にかためて、種まきをするという挑戦。

トップバリューの粉寒天の「作り方」通りの分量でジェル培地を作ると、固すぎて根がジェルに入っていかない。そのため植物体を支える力がなく、植物体が倒れたりして生育しないものがある。

ジェル培地作成後に、滅菌した竹ぐしとかで適度にクラッシュした培地を用いて、その上に種をまくことで解決。

十分な光量を得るために、培地を日向に出すと、アオコが発生。菌のコンタミも問題。
さらに、培地が乾燥するとジェルが縮み、水を与えても膨らまないため、水の管理が大変。

*********


今まではオープンな実験系(蓋が開いている状態)で、作物の収穫を目的としていましたが、ちょっと問題が多いので、今回はクローズでやっていきます!つまり、密封した容器内で育てるということ。

密封していれば、水の乾燥はありませんので水やりは必要ありませんし、気をつけて無菌操作をすれば雑菌やアオコの発生も防げます。
植物は光合成も呼吸もしているので、密封していても、基本的には窒息することもありません。

要するに、明るいところに容器を置いて放っておくだけで植物がもさもさ生えてくるってこと。


らくちん!


そのかわり、容器の大きさ以上に草丈の高くなる植物は栽培できませんし、容器や培地の滅菌も重要になってきます。


今回は、ジェル培地をクラッシュせずに栽培したいので(菌の混入リスク軽減のために)、根がジェル内に伸長できるような寒天濃度を検討してみました。

そして今回から、実験の心強い味方!精密天秤が導入されています!

今まではメモリが1グラム単位までしか無かったので、正確に寒天濃度をコントロールすることができなかったのです。
それが精密天秤のおかげで、なんと0.01グラム単位の測量ができるように!
しかもポケッタブル!
ステキ!


では早速、実験開始!



【ジェル栽培における寒天濃度の検討】

適当な空きビン5つに(ジャムのビンとか、鮭フレークのビン)を使用。水を20g入れておく。

トップバリュー粉寒天を、以下の濃度になるようにはかりとり、ビンに入れてよく撹拌する。
ビンA) 0.16g/20ml (粉寒天パッケージの表示通り)
ビンB) 0.12g/20ml
ビンC) 0.08g/20ml
ビンD) 0.06g/20ml
ビンE) 0.04g/20ml(粉寒天パッケージの25%)

ビンにアルミホイルで軽くフタをし、オートクレーブ(圧力鍋ともいう)で121℃、15分間加熱滅菌する。

室温で放冷して固める。

おかのりと、タイムのタネ(昨年春購入)を、ミルトン溶液に1時間つけて消毒。

70%エタノールで消毒した竹串でタネをそっと拾って、培地にのせる。

ラップをして、植物栽培用LEDライトの下に置き、発根の様子を観察する。


■結果

1ヶ月後の様子↓

f:id:ssca:20160530134633j:plain

ビンA) おかのり→✕ タイム→✕
ビンB) おかのり→○ タイム→1/3は○
ビンC) おかのり→1/2は○ タイム→発芽せず
ビンD) おかのり→発芽せず タイム→2/3は○
ビンE) おかのり→2/3は○
✕:根がちゃんと入らない
○:根がジェル中に伸びる

また、いずれも植物体は倒れずに光に向かって伸長した。


ビンDくらいの寒天濃度になると、ジェル中に発根できるものが多くなってくる…と言えそうです(サンプル数が少ないですが)。


ということで、、
ビンDの寒天濃度 0.06g/20ml つまり、3g/lでいってみようと思います!


ではまた後ほど。
一旦失礼します。コガでした。

【オススメ科学動画】未来の科学者たちへ

 

ご無沙汰しております、コガです。

唐突ですが、今回はステキな科学動画を紹介します。

 

 

「未来の科学者たちへ」
http://www.nims.go.jp/publicity/digital/movie/mirai_scientists.html

 

 

国立研究機関法人 物質材料研究機構(物材研)と、ピタゴラスイッチ制作チームであるユーフラテスのコラボ動画です。
以前、Eテレの「考えるカラス」を紹介しましたが、これもユーフラテスの制作ですね。

 

この「未来の科学者たちへ」シリーズは、すごーい物質や材料を使ってシンプルで面白い実験をする動画です。材料のすごさを目の当たりにして科学に興味を持つことができると同時に、物質や素材の研究の重要性も感じることができます。

 

たとえば #6 ダイヤモンドと熱伝導 。
物材研で作ったダイヤモンドの薄い板を使うと、指の熱を使って氷をスパッと切ってしまいます。魔法のような、マジックショーのような不思議なことが、確かに科学的に起こっているのです。それも、「科学をもってすれば、これくらいたやすいことです。」と言わんばかりに淡々と、シンプルに、語られるのです。


未来の科学者たちへ #06 「ダイヤモンドと熱伝導」

 

視聴者に「すごいでしょ!?」「おもしろいでしょ!?」などと、感情を押し付けたりしない、この淡々とした語り口が実に私好みです。

 

この動画、中学生、高校生の皆さんにはぜひ見てもらいたいと思います。
理系文系問わず楽しめると思います。
この動画に出てきたすごーい素材はどんなことに利用できるだろうか?と想像をふくらましてみるのも面白いですね。
(まさか氷を切るためにダイヤモンドを作ったわけではないでしょうし(笑))


今後も、科学関連のステキなコンテンツを見つけたら、こちらのブログで紹介していこうと思います。


お楽しみに!

 

冬至は真冬ではなくて、夏至は真夏ではない理由を考える。

 

こんばんは、コガです。

 

今年は暖冬とはいえ、いよいよ寒いですね。
1月下旬は平年並よりもやや寒くなる予想も出ていますし、警戒が必要です。


ところで、一年で一番寒い時期といえば1月下旬ですよね。一年で一番日が短いのは12月の冬至です。すこしずれていますよね。

夏でも同じようにずれがあります。夏至は6月てすが、一番暑いのは8月。

何故でしょうか?

今日はこれを考えてみます。

 

◆◆◆

 

まずは、春夏秋冬の季節が何故あるのかを考えてみましょう。

中学校の理科では「地軸のズレによって太陽が真上近くを通ったり、低いところを通ったりするから」と習った気がします。あとは別の単元で、冬や夏の特徴的な気候、天気の気団(シベリアとか小笠原とか)とか、西高東低とか南高北低とかを習いました。

日照時間の長さも暑さ・寒さに影響していそうですよね。

また、夏は太陽が近いから暑くて、冬は太陽から離れているから寒い、というイメージも根強くあるようです。

 

もうちょっと整理しながら考えてみましょう。

 

まず、日照時間だけを取り出して考えてみます。
極端な話をしますと、
ノルウェーとかカナダなど、緯度の高い地域には、「白夜」があることはご存知ですよね。夏になると、かなり日照時間が長くなります。
ノルウェーオスロだと、6月は4時に日が昇り、22時半頃に日が沈むそうです。東京の夏至では日の出が4時半、日の入りが19時なので、東京のほうがずっと日照時間は短いです。(晴れを前提としています)
でも東京のほうが暖かいですよね。
日照時間が気温への一番の影響、というわけでは無いようです。

 

つぎに、太陽の距離を考えます。夏は太陽が近いから暑いのか?
ノルウェーより東京のほうが赤道に近くて太陽が近いから暖かいのか?

これは違います。
皆さんがよく見るこんな図↓をイメージしてしまうと、たしかに、太陽からの距離が関係しそうですね。

f:id:ssca:20160121002326j:plain

でもこれはあくまでもデフォルメした図です。

実際の太陽と地球の大きさと距離を調べてみましょう。

 

太陽の直径 1392000km
地球の直径 12742km
太陽と地球の距離 149600000km

 

大きすぎてピンときませんので、縮尺してみます。
よく、太陽をバスケットボールとすると、地球は米粒くらい、と例えられます。

 

バスケットボール 24.5cm
米粒 約2mm

バスケットボールと米粒の距離 26m

 

26m離れているのに、米粒の真横と、斜め上で、バスケットボールからの距離が変わるかと言ったら…変わりませんよね。無視できる範囲です。

 

では何が夏の暑さと冬の寒さを作っているのか。

一番影響しているのは「入射角」です。太陽が真上から照らすか、横から照らすか、です。(やっぱり中学校の教科書通り。)

でも太陽との距離は変わらないのに、日がさす方向だけでそんなに暖かさが変わるのか?当時の私はピンときていませんでした。ですのでちゃんと説明すると・・・


懐中電灯の光で例えると、
懐中電灯を壁に対して垂直に向けて壁を照らすと、狭い範囲が明るく照らせます。でも懐中電灯を斜めにすると、広い範囲を照らせますが、薄暗くなります。懐中電灯が発している光の量はおなじでも、垂直に当たるか斜めに当たるかで、ある決まった範囲で受け取る光の強さは違ってしまいます。

 

f:id:ssca:20160121002916j:plainf:id:ssca:20160121002921j:plain

 

これと同じことが地球でも起きています。東京の夏はかなり垂直に近いところを太陽が通りますが、冬はだいぶ低いところを太陽が通ります。

f:id:ssca:20160121003017j:plain

夏と冬の光の強さの違いは人間の目には判断できませんが、たしかに、地面を照らす光の量は違っているのです。

 

入射角が小さいと(太陽が低いと)、それだけ大気のなかを長く通過することになるから、光の量が減って弱くなる、という説も聞いたことがあります。

太陽の光が地球に届くとき、大気や雲、地表面等で30%程は反射してしまいます。20%は大気等に吸収され、50%ほどが地面に吸収されます。基本的に太陽の光は直接大気を暖めません。光は地面にぶつかって地面を暖めます。地面から放出されるエネルギーが、大気を暖めるのです。

地球のエネルギー収支 - Wikipedia

大気の中を長く通過すれば、大気や雲によって反射する光が増え、地面に届く光が減ることも考えられますね。これがどの程度影響しているかは、私が調べた範囲では分かりませんでした。雲が無い状況では、大気の影響はそこまで大きくないんじゃないかなと私は考えています。


ということで、太陽の光が垂直に差し込むこと(かつ、日照時間が長くなること)が夏の暑さを作る直接の要因といえるでしょう。

 

◆◆◆


では、夏至と真夏、冬至と真冬がズレる理由ですが、、、

 

地面が太陽光によってエネルギーを吸収すると、①地面はエネルギー(目に見えない光として)を放射します(黒体放射とか地球放射、というらしいです)。地面からの放射は水蒸気や二酸化炭素に吸収され、これらを暖めます。②地面に含まれる水等が蒸発し、蒸発熱として大気中にとどまります。

これらが、私達の感じている「気温」というやつです。

 

地球からの放射が気温を左右しますが、その放射が最も強くなるのが、夏至から約1ヶ月後、放射が最も弱くなるのが冬至から約1ヶ月後となります。

太陽から得たエネルギーを、地面が溜め込む(蓄熱する)という性質が、この地球からの放射時期のズレを生んでいるといえます。簡単に言えば、「熱しにくく冷めにくい」です。

 

地球の放射時期が1ヶ月ズレる…?

いや、夏至は6月20日、真夏は8月、2か月近くズレているじゃん!

 

これは皆さんご存知、梅雨の影響でしょう。
日本は夏至前後は雲に覆われて、日照がかなり少なくなります。日本特有の気候条件が暑さのピークをさらに遅らせているのです。

水は地面よりも熱しにくく冷めにくいので、海に囲まれた日本はより夏至と真夏がズレる傾向にあるとも聞いたことがあります。


内陸国であるアフガニスタンと比較してみましょう。

  

f:id:ssca:20160121181257p:plain

*アフガニスタンの気温:wikipediaより

*東京の気温:気象庁のデータ(30年間の平年値)より

 

真夏のピークは、東京では8月ですが、アフガニスタンでは7月頃に暑さのピークが来ます。真冬は東京もアフガニスタンもだいたい一緒で、1月に寒さのピークがきます。

アフガニスタンの気温を見てみると、冬と夏の気温差が大きいですね。1日の気温変動も、東京と比べると大きくなっています。これは、地面から放射されるエネルギーを受け取る水蒸気が少ないうえ、熱のフタをする雲が少ないため、エネルギーが宇宙のほうに出ていってしまうから、です。「放射冷却」なんて言葉、テレビでよく聞きますね。

 

ついでに、日本と緯度が近いポルトガルの年間気温を載せておきます。

f:id:ssca:20160121181451p:plain

*リスボンの気温:wikipediaより

*東京の気温:気象庁のデータ(30年間の平年値)より

 

ポルトガルは7~8月に暑さのピークが来ているみたいです(このグラフでは微妙なところですが)。まわりが海だからでしょうか、アフガニスタンよりは暑さのピークが後ろに来ているような気がします。でもそれよりも温暖な海流の影響を受けて、冬が温かいのが目立ちますね。実にうらやましいです。

 

◆◆◆


ということで、地球の蓄熱効果により、夏と冬がある緯度の国ならだいたいは、夏至と真夏、冬至と真冬はズレています。
日本では特に、梅雨の影響で真夏は遅れます。


それ以外にも、海流の影響や大気の流れの影響がありますので、実際はより複雑になってきます。そして温室効果ガスや大気中の飛散物質。考え出したらきりがないですね。


さむくてお出かけしたくないときは、コタツでゴロゴロしながら、地球規模のエネルギー収支とか気候変動とかそのメカニズムとか、スケールのデカいことを考えてみるのもまた一興ですね。


※今回のお話、私は専門外なので、誤りがあるかもしれません。がんばって調べましたが、間違いがあった場合はご指摘お願いします。

 

冬の手荒れ対策あれこれ。

 

こんばんは、コガです。

 

冬真っ盛り。
手荒れに悩む人、多いんじゃないかと思います。
私の母も、毎日の家事でぱっくりあかぎれ
絆創膏だらけで痛々しいです。

 

そんな悩みを持つ皆さんに、オススメの手荒れ防止法をご紹介します。

 

そもそも何故冬の手荒れは厄介なのか。

 

①冬になると、手を保護する皮脂などの分泌量が減るそうです。
②気温が下がれば空気に含まれる水分も減り、肌が乾燥しやすくなります。
③そこにとどめの一撃、食器洗いなどでお湯を使うことが増え、洗剤による強力な油除去と相まって、手の皮脂がさらに洗い落とされてしまいます。
④熱めのお風呂やシャワーも乾燥肌には良くないようです。

 

手荒れに一番強く貢献しているのは③だと思います。手荒れするからお湯は使わないわ!という人も多いですが、この時期の水では油汚れがとにかく落ちません。例えば豚の脂は融点が28〜48℃。この時期のキンキンに冷えた水では一瞬で凝固してしまって、なかなか落ちず、洗剤をたくさんつけて何回か洗うことになります。よくよく考えたら、どんな方法であれ動物性の脂肪を落とす条件で洗うってことは、自分の脂も落とすってことですよね。
お湯を使わないとしても、手荒れはなかなか防ぎきれません。


ではどうしたらいいか?


ステップ1  まずは手を保護具で保護しましょう。

 

食器洗いや掃除の時は、手袋をします。
オススメは、「ニトリル手袋」。
お医者さんが手術のときに使うぴちぴちの手袋みたいなやつです。

例えば炊事のとき。ゴム手袋やビニール手袋は、洗い物のときだけしか使えませんが、ニトリル手袋はつけたまま包丁をつかったり炒めものしたり、とにかくずっとつけたまま作業できます。スマホの操作もできちゃいます。
炊事の途中でちょっと洗い物したいときにも、ちゃんと手を保護してくれます。

使い捨てでもいいですが、特に汚いものを触ってなければ数回は使えます。
そこまでコスパは悪くないと思います。

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト Mサイズ

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト SSサイズ

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト Sサイズ

ニトリル手袋 パウダーフリー ホワイト Lサイズ


私は手が小さいのでSSサイズでも少しゆとりがあるくらいです。

以前の研究所で、やや大きめサイズの手の女性はSサイズを使っていました。男性はM以上でしょうか。

 


ステップ2  手洗いしたらすぐハンドクリーム

 

手を洗ったあとやお風呂のあとには、その都度ハンドクリームを塗ると効果的です。

ポイントは、手洗いしてタオルで拭いたらすぐに塗るということ。時間が経ってからでは、皮膚の水分が乾燥してしまって、クリームがすーっと馴染まなくなってしまいます。
手洗いしてすぐ塗れるようにハンドクリームを洗面所に置いておいたり、チューブ型やポンプ型で出しやすいものにしたり、ベタベタしない柔らかいタイプにすると、ハンドクリームを塗ることのストレスを軽減することができます。

 

【指定医薬部外品】ユースキンA ポンプ260g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

【指定医薬部外品】ユースキンA ポンプ260g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

 

  

※ハンドクリームの種類(有効成分)は色々あります。ネットで調べてみたところ、尿素入りとかビタミン入りとかの特徴が比較・解説されているサイト等ありましたが、根拠の出所が不明で、ハンドクリームのメーカーのサイトともずれた点がありましたので、ここでは成分については触れないこととします。ちゃんと学術論文とか調べればわかることがあるかもしれませんが・・・。

 

 

ステップ3  外出時には手袋を

 

ハンドクリームを塗ってから手袋(ニトリル手袋ではなくて、普通のあったかい手袋)で保湿することが効果的だそうで、就寝時に手袋をすると良いそうですが、就寝時手袋はちょっと・・・という方もいると思います(私がそうですので)。
せめて、外出時は手袋をしましょう。

 

 

ステップ4  あかぎれたらオロナイン

 

何はともあれ皮膚のトラブルにはオロナインをつけておきましょう。

私はオロナイン信者なので、オロナインでだいたいのことは良くなります。信じる者は救われるってやつです。

…もとい、

軟膏(ワセリンとかの油脂性のもの)、が皮膚の保湿・保護に良いんでしょうね。少し殺菌成分が入っているのも心強いです。

 

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

 

 

 

 

大量の実験器具洗いや、劇毒物に放射性同位体、動物や菌を扱って、手洗いを頻繁にしてきた経験からオススメする手荒れ対策です。

 

手荒れに悩む皆さんのストレスが、少しでも軽減できれば幸いです。

 

冬至です。

こんばんは、コガです。

気づけば冬至。どうりで暗くなるのが早いわけだ。

と感じる人も多いかと思います。
でもちょっとだけ付け加えると・・・

実は冬至は「一年で一番、日が短い」日ですが、「一年で一番、日の入りが早い」わけではありません。日の入り時間を調べてみると、一番日の入りが早いのは12月6日前後(2015年、東京)で、16時28分です。
それから徐々に日の入りは遅くなり、冬至の今日は、16時32分になります。まあ4分くらいの差であれば、感覚的にはたいして変わらないですよね。

ちなみに、日の出が最も遅くなるのは、1月8日で、6時50分くらいです。
何故ずれるのか?興味ある人は地球の自転とか公転とか地軸とか調べて、計算してみてくださいね。


冒頭の、「気づけば冬至、どうりで暗くなるのが早いわけだ」は、本当は、「気づけば冬至、どうりで数週間前から日の入りが早いわけだ」となります。


まー、どうでもいい、
今日の独り言でした。


おやすみなさい。

PowerPointでのイラストの作り方④ ―ドローソフトとしてのパワポ

 

こんばんは、コガです。

 

PowerPointでイラストを作ろう!

今回はキャラクターのイラストを描きます。

今回の動画は、「PowerPointの使いかた」というよりも「イラストの描き方」のほうが主になってしまいましたが、PowerPointでこんなこともできますよという紹介動画として見ていただければ幸いです。

今回も、「音声付動画を見るのはちょっと・・・」という方のために、このブログでも動画の内容を紹介しています。

 

www.youtube.com

 

 

ステップ① キャラクターは比で作る!

 

比、といえば「○頭身」がすぐ思い浮かびますが、頭と体の大きさの比だけでなく、目は顔のどの位置にあるか、腕の長さは顔の大きさと比べるとどれくらいか、等、人物や動物は様々なところで比を見つけることができます。

今回は、PowerPointの特徴を生かして、比を決めてからキャラクターを作ってみましたので、その方法を紹介します。

 

PowerPointでは、図形のサイズを簡単に指定することができます。この機能をふんだんに使っていきます。

 

f:id:ssca:20151212234220j:plain

 

まずは顔。

色々なキャラクターや人物の構成比を参考にして、5:2 という黄金比を編み出しました。何か5:2かというと… 

f:id:ssca:20151212234236j:plain

 ↑これです。キャラクターの顔を書くときに、鼻を中心とした十字線を書く人は多いと思いますが、今回はPowerPointでやりやすい方法を考えてみました。

 

f:id:ssca:20151212234245j:plain f:id:ssca:20151212234252j:plain

 顔のパーツをまとめて上にずらせば、上を向いたものができます。

正面を向いたイラストの場合、顔のパーツは下のほうに配置すると、より可愛らしくなります。

 

f:id:ssca:20151212234259j:plain

耳は1センチの円。

 

f:id:ssca:20151212234305j:plain

 体は2✕2センチの角丸四角形。

(ここにも2:5を使いました)

手足は、1✕0.5センチの角丸四角形です。

 

f:id:ssca:20151212234313j:plain

↑今回使った比はこんなかんじです。 

 

 

 

ステップ② 曲線ツールで形どる

 

正円などでつくったクマさんのままではカッチリしすぎなので、曲線ツールでなぞることでちょっと温もりを与えていこうと思います。

f:id:ssca:20151212234329j:plain

 曲線ツールでざっくりとなぞったら、

 

f:id:ssca:20151212234338j:plain

 線上で右クリック→頂点の編集 でフィッティングしていきます。

 

f:id:ssca:20151212234345j:plain

 身体も。胴体、手足をまとめて1つの図形にしてしまいます。

 

f:id:ssca:20151212234351j:plain

ゆるくまさんのアウトラインの出来上がりです。

 

 

ステップ③ 色を付ける

 

f:id:ssca:20151212234403j:plain

パーツをコピーペーストして、塗りつぶしをお好きな色にして、線無しにして、再背面にして、重ねます。

 

(なぜパーツに直接塗りつぶしをしないでこんな方法をとっているのか?それは後ほど重ねる、「影」を「線」と「塗りつぶし」の間に挟むからです。)

 

f:id:ssca:20151212234411j:plain

 耳の色もつけます。

 

f:id:ssca:20151212234417j:plain

重ね順が大切になってきます。必要に応じてグループ化しながら進めていくといいでしょう。

 

f:id:ssca:20151212234423j:plain

鼻のところの色を付けていきます。重ね順は、色と線の間に配置します。 

 

f:id:ssca:20151212234430j:plain

 曲線ツールで影を入れていきます。塗りつぶし色は黒、線はなし。(あとで透明度を上げます。)

 

f:id:ssca:20151212234439j:plain

頂点の編集で形を整えます。 

 

f:id:ssca:20151212234448j:plain

塗りつぶしの透過性を上げて、影の出来上がり。 

 

f:id:ssca:20151212234459j:plain

あとはパーツの細かいところを作っていきます。

目は黒目にして、白い丸で光を入れます。 

 

f:id:ssca:20151212234514j:plain

ほっぺは赤い楕円にして、ぼかしを入れます。さらに、塗りつぶしの透過性を少し上げると、やんわりとした色になります。 

 

f:id:ssca:20151212234527j:plain

 これでくまさんの出来上がり。

 

f:id:ssca:20151212234537j:plain

 なお、「デザイン」タブの「配色」は、色選びの参考になると思います。

 

 

おまけ LINEのスタンプを作ってみた

 

せっかくキャラクターを作ってみたので、LINEのスタンプにしてみました。

store.line.me

 

指定されたサイズ(スタンプ画像ならW370xH320px)の四角を作って→枠線無し・塗りつぶし無しにして→四角とキャラクターをまとめてグループ化して→画像上で右クリックして「図として保存」すれば、余白(透明部分)を保持したpng形式のスタンプができます。

 

ただし、

 

四角のサイズを370×320pxと入力したにもかかわらず、保存された画像サイズが異なることがありますので、そこはなんとかうまく解決するしかありません。

ネット検索してみたところ、オプションの「解像度」等をいじることで解決するよ、と書いてあるサイトがありましたが、私の場合はそれでは解決しませんでした。用紙の大きさを変えたりもしてみましたがダメでした。

そこで、「保存された画像サイズ」と「パワーポイント上のサイズ」から、比例計算をして、なんとか370×320pxにおさめました。なかなか面倒くさかったです。

 

******

 

今回でこのシリーズは完結とさせていただきます。

わざわざパワーポイントでここまでする必要があるか!?という領域までやってきましたが、さらなる高みを求めて現在も修行中です。

またいつか、パワーポイントの秘める可能性を発掘しましたら、ご報告したいと思います。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

Microsoft PowerPoint 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)

ふと思いたって折り紙でクリスマスツリーをクラフトしてみました。

 

こんばんは、コガです。

ふと思い立って、クリスマスツリーをクラフトしてみました。

 

f:id:ssca:20151118165745j:plain

 

手のひらサイズのミニツリーです。
作り方を書いておきますね。
興味があったらぜひ。

 

材料は、
・折り紙✕3
・糸

まず、緑の折り紙を放射状に折り目をつけます。

はじめは三角に。またまた三角に。とにかく中心から放射状に折り目がつくようにします。

f:id:ssca:20151118165910j:plain

広げたときに丸くなるようにテキトーなところで、バスンと切ってしまいましょう。

f:id:ssca:20151118165926j:plain

ひととおり折り目がついたら、
↓こんなふうになるようにおります。(ジャバラでもいいと思います)

f:id:ssca:20151118170032j:plain

円の1箇所を切って、少し重ねて、糊で貼ります。

下から、テープでとめて、ツリー完成です。f:id:ssca:20151118170151j:plain

 

次はお星様です。

黄色い紙を細く切って(普通の折り紙の1/8サイズ)、さらに二つに折って細くします。

f:id:ssca:20151118170319j:plain

端っこをすこーし斜めにおって、
↓このようにぐるぐる折っていくと、五角形になります。

f:id:ssca:20151118170351j:plain

 
最後の端っこはポケットに入れておきましょう

五角形になったら、爪でグリグリして、星の形に整えます。

f:id:ssca:20151118170427j:plain

うまくいかなかったら、うまくいくまで繰り返し練習です。

 

針に糸を通し、糸の端っこにテープをつけてストッパーにしておきます。ツリーの底から頂点へ向けて糸を通し、続けて、星のテキトーなとこから頂点へ糸を通し、上を結んでツリーの本体の完成です。

f:id:ssca:20151118170510j:plain   f:id:ssca:20151118170653j:plain

これは吊るしタイプですが、置きタイプのツリーにする場合は、接着剤等で星を固定するといいと思います。

 

最後にお飾りを少々。細く切った折り紙をジャバラに折って、巻いて、糊で貼って完成です。

f:id:ssca:20151118165745j:plain

 

完全にオリジナル(思いつき)なので、あまりクオリティは高くありませんが、自己満足です。キラキラしたシールをぺたぺた貼ってもカワイイかもしれませんね。

 

*****

 

せっかく折り紙がでてきたので、折り紙と教育の話を少々。。

 

折り紙って実は、「器用さ」を鍛える以外に「論理的思考」とか「考える力」が鍛えられます。

ボケ防止に、子供の考える力トレーニングに、折り紙オススメです。将来理系を目指すお子様には特にオススメ。研究者を目指すなら絶対にオススメ。

 

というのも、本を見ながら折り紙を折っていくという行為は、平面に書かれた情報を、立体に変換するということをしなければなりませんし、折り紙のイラストとイラストの間にどのような段階があるのかを推理して頭の中で埋めていくことを無意識におこなっています。

研究者は、書籍や論文、実験手順書などの平面の情報から、実際に実験するまでに、実験器具の選択から操作方法、デスクに用意する器具など、実にいろいろなことを頭で考えて(具体的に想像して)から実験を始めます。実験しながらも、随時得られるアウトプットに対して、次の手順をどうするか、考えに考えながら進めていきます。この考える段階っていうのが、なんだか折り紙の本を見ながら折り紙を折っていくのと似ているなぁと、私は勝手に思っています。

研究者でなくても、折り紙で作品をクリエイトすることは、「問題解決能力」のトレーニングになります。これは、本や説明書を見て何かを作り上げること(プラモデルとか編み物とかでも)全般的に言えることですが、特に折り紙は幼児から楽しめるし材料費もかなり安いし、難易度がピンキリなので飽きません。

ドクター・ハルの折り紙数学教室  リアル折り紙 陸を歩くいきもの編

入学までにおぼえたい 3・4・5才のおりがみ―発達に合わせて楽しくおれるおりがみがだいすきになる作品ばかり (主婦の友αブックス)  簡単おりがみ大百科―幼児から大人&お年寄りまで (主婦の友ベストBOOKS)  かならず作れるユニット折り紙

 

 

ということで、ふとクリスマスツリーを折り紙で作ってみたので、せっかくだから折り紙をオススメして、折り紙の本の広告のっけて、おしまいです。

 

それでは。